読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫好きのためのペパクラ日記

猫などのペパクラばかり作っています。接骨院もやっています。良かったら、接骨院のページも右下のリンク集からどうぞ。

伊豆旅行記 3

A) クレマチスの丘
A3:花というか紅葉をひとつ。。
 

 
〜〜〜
伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺駅 そこからホテルの送迎バスで約25分  
 
B )ホテル「ワイナリーヒル」縄文之御神湯 
 

P1090169.jpg

 
ネットから引用〜 
給食産業とカラオケで有名なシダックス株式会社オーナーの志太勤氏が、故郷である伊豆のために新興産業としてワイナリーを作ることを思い立ったことがその始まり 
 
温泉街のある中伊豆の山頂に広がる葡萄畑と、洒落た建物が静岡県唯一のワイナリー、伊豆ワイナリーです。
 
すぐ近くにホテル「ワイナリーヒル」も建築、新観光地としての伊豆ワイナリーがここに完成しました。
 
〜〜
このワイナリーに数年前訪ねてきて いつか宿泊したいと思っていました。
なにせワインが食事中飲み放題で、お土産にワインが1本つくのですから。。
 
楽天市場のリーグ優勝セールで、カミさんが割引プランをゲットしまして 
それで 今回の旅行となりました。。
 
〜〜
ホテルについて直ぐに、「縄文之御神湯」という名前に釘付け、、)
説明文を読むと、4千年前から3千年前の縄文遺跡が この地の5Km南にあってストーン・サークルまであるという。縄文時代の後期になりますが、ここにも遠いご先祖様が住んで生活をしていました。。
興味深いのですが、今回は立ち寄れませんでした。。
 
B1:温泉について
 
温泉は、昔この地に温泉があったという 言い伝えに基いて千メートル
掘ったら実際に 出たという。
 
そういう思いを込めたネーミング だそうです。
 
温泉は元が53度位で熱めの 単純弱アルカリ泉 
通常このタイプの温泉は 万人向けで あたりが柔らかいものですが、、、
 
ここの湯は、42〜3度位?で熱いせいか 少し刺激的でした。。
しかし1億2千万年前の地層から出たという湯だけあって
只者ではない。。
  
 B4:感じた効能
 
個人的に左前腕に痒くて引っ掻いた小さな傷が あったのですが
かなり 治りました。。入浴中にお腹が空くという効能も。。
飲泉も出来るのですよ〜 (飲泉出来る温泉は大概胃腸にも効きますね~)
 
後は入浴すると、普通は疲れるものですが、、、まれに元気になる温泉があるのですね。ここもまたそういう温泉でした。。
 
(無色透明の単純弱アルカリ泉といっても 見た目でバカにしてはいけませんよね~) 
 
〜〜〜
 
ここは、屋外に水着を着て入浴する混浴ゾーンがあるのですが、季節柄かほとんど誰もいませんでした。広い場所で幾つもある温泉をカミさんと貸し切り というのも贅沢というより 寂しいものです。 
 
今回も 食後9時前に寝たのですが、午前4時に目が覚めました。。
いつも2時とは限らないのですね。。多分地の気が それほど強くないのだと思いました。
 
 B3:朝風呂 
入浴は午前6時から 
朝は、夜とは一転して 温めの湯になっていました。。
露天風呂が37?度位 内湯が40度?位
 
この温度なら 当たりは割りと柔らかでした。。
前腕の傷もさらに良くなりそうな感じ
もう一度入りたい位の パワーのある温泉でした。。
 
〜〜〜
B2:夕食
 
 夕食は、バイキング形式でした。。
予め それほど美味くないよ という情報を得ていたので覚悟はしていました。。でも、そんなに不味くは無かったですよ。。今時皆さんそれぞれに努力されていますから。。
 
 

P1090163.jpg

 
P1090164.jpg P1090165.jpg
 
結局ワインは 白1杯と赤2杯の 計3杯 でした。。
 
もしお酒に自身のある方は 沢山飲んで 見て下さいませ。。
ここのワインは飲みやすいですよ〜
 
===
D1:小川治兵衛 作庭の名園
ここで、ちょっと飛んで 伊豆長岡温泉「三養荘」の自慢のお庭
 
まず「三養荘」は、三菱財閥岩崎弥太郎氏の長男さんの別邸として
建てられたという。その時あの 小川治兵衛 さんを呼んで作ってもらった。。
 
小川治兵衛さんは、まあ京都を代表する作庭の教科書のような人ですね〜
京都には沢山ありますが、この伊豆長岡温泉の地でお目にかかるとは、、!!
 
大げさに言えば、関東の田舎に突如 京都が出現したような 感じです!!
しかもその佇まいは 桂離宮を彷彿とさせる。。
 
いかにレベルが高いかは、  まあ 分かって下さいませ。。)/
 
そんな理由で 感動して沢山写真を撮りまくったのです。。
今日は一枚だけ 紹介します。。
 

P1090428.jpg

 
===
今日は
ジョーン・バエズ を聞きました。。
 
しっとりとした歌声で 晩秋の夜にぴったりな感じでした。