読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫好きのためのペパクラ日記

猫などのペパクラばかり作っています。接骨院もやっています。良かったら、接骨院のページも右下のリンク集からどうぞ。

護国寺の情景3 & 夕やけだんだんの猫さま2

     f:id:tcho5397:20141123133836j:plain

f:id:tcho5397:20141123133852j:plain屋根も立派!

     f:id:tcho5397:20141123133858j:plain

f:id:tcho5397:20141123133910j:plain松は丸く青い

       f:id:tcho5397:20141123134303j:plain

f:id:tcho5397:20141123134353j:plain護国寺大師堂

〜ネットから引用〜 

堂は、元禄14年(1701)に再営された旧薬師堂を、大正15年(1926)以降に大修理し、大師堂として、現在地に移築したものである。
外観は、装飾が少なく、素朴で荘重な印象をつくりだし、中世的な特徴を残している。
真言宗寺院における大師堂(開祖弘法大師を祀る)の格式の高さと、伝統を重んじる姿勢を受けつ
ぐものとして貴重な建造物である。 

   f:id:tcho5397:20141123134416j:plain

         f:id:tcho5397:20141123134424j:plain

f:id:tcho5397:20141123134616j:plain

      f:id:tcho5397:20141123134635j:plain

f:id:tcho5397:20141123134816j:plain弘法大師像もありました。。

    f:id:tcho5397:20141123140522j:plain

       会館の中に稚児大師尊像もありました。。 

f:id:tcho5397:20141123141018j:plain金色の鯉

     f:id:tcho5397:20141123141128j:plain

この後ようやく護国寺を離れて千駄木 根津 谷中へと歩いていきます。

 

===本日の夕やけだんだんの猫さま===

f:id:tcho5397:20141123173817j:plainおよっ?

何だおまえ!f:id:tcho5397:20141123173820j:plain

f:id:tcho5397:20141123174001j:plainふんっ!

チラッf:id:tcho5397:20141123174019j:plain

チラチラッ…f:id:tcho5397:20141123174113j:plain

おまえなんか見てないんだからね〜!

 

 

       それではまた明日。。)/