読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫好きのためのペパクラ日記

猫などのペパクラばかり作っています。接骨院もやっています。良かったら、接骨院のページも右下のリンク集からどうぞ。

1月31日 墨田区長命寺から亀戸天神の梅 と 江東区猿江の猫さま

f:id:tcho5397:20160215103556j:plain

桜餅で有名な長命寺に立ち寄ってみた。

  f:id:tcho5397:20160131151649j:plain

      庚申地蔵

f:id:tcho5397:20160131151755j:plain

芭蕉雪見の句碑 「いざさらば雪見にころぶ所まで」

ネットから引用〜〜〜

「いざさらば雪見にころぶ所まで」

 

出典花摘 俳諧芭蕉(ばせう)

 

[訳] 外は一面の雪、さあ、それならば雪見にと参ろう。ころぶ所までどこまでも。

鑑賞

季語は「雪見」で、季は冬。外へ出ての雪見の句であるが、「ころぶ」という表現に作者の躍る心がうかがわれる。「いざさらば」を、「ではさようなら」の意にとらないこと。

 

なるほど。いざさらばが去るの意味でなく さあ行こう という意味だったとは!

 

 

f:id:tcho5397:20160131152102j:plain

長命寺天台宗のお寺 伝教大師最澄の童像があった。

  f:id:tcho5397:20160131152038j:plain

長命水 東京の湧き水で飲める名水があるとは驚いた。。500ミリリットルのペットボトルに入れてその後の道々飲み歩いたが美味かった。

  f:id:tcho5397:20160131152116j:plain

向島からスカイツリーの東側を通って亀戸へ向かう。

f:id:tcho5397:20160131154003j:plain

 f:id:tcho5397:20160131154524j:plain

f:id:tcho5397:20160131155518j:plain

  f:id:tcho5397:20160131160202j:plain

f:id:tcho5397:20160131161349j:plain

この日亀戸天神の梅はまだまだ咲き始めだった。

f:id:tcho5397:20160131161352j:plain

亀戸天神の周囲の路地裏にも猫さまが居る。出会いは会ったが撮影できなかった…。

  f:id:tcho5397:20160131170010j:plain

がっかりしていたのを救ってくれたのは、この近所にいた猫さまだった。

f:id:tcho5397:20160131172057j:plain

猿江恩賜公園にて

 f:id:tcho5397:20160131173419j:plain

    この白猫さまは初めてみた。

f:id:tcho5397:20160131173533j:plain

f:id:tcho5397:20160131173836j:plain

この薄茶色の猫さまはいつも居るようでかなりの目撃情報がある。

f:id:tcho5397:20160131175623j:plain

猿江神社のほど近くにて

f:id:tcho5397:20160131175853j:plain

f:id:tcho5397:20160131180020j:plain

夜の小名木川沿いには釣り人のそばに佇むサギがいた。夜はこれほど近くに来るのだと初めて知った。。

f:id:tcho5397:20160131180504j:plain

           それではまた明日。。)/