読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫好きのためのペパクラ日記

猫などのペパクラばかり作っています。接骨院もやっています。良かったら、接骨院のページも右下のリンク集からどうぞ。

2月7日 日本橋街歩きの情景 と 外神田、谷中の猫さま

f:id:tcho5397:20160207130744j:plain

日本橋浜町に金座通りがあり、調べてみると喫茶店ではなく和食小料理の「金座こねこ」があった。店内は子猫感は全く無く 店名の由来は何と大将のあだ名だそうだ。

 f:id:tcho5397:20160207131705j:plain

  女の子は元気である。

f:id:tcho5397:20160207133217j:plain

f:id:tcho5397:20160207133237j:plain

  f:id:tcho5397:20160207134202j:plain

  新大橋を横目に通り過ぎる。なかなか綺麗な橋だ。

f:id:tcho5397:20160207134306j:plain

f:id:tcho5397:20160207134321j:plain

f:id:tcho5397:20160207134332j:plainf:id:tcho5397:20160207134437j:plain

浜町のこの辺りは面白い置物の宝庫だった。

f:id:tcho5397:20160207134335j:plain

 このワンちゃんの目はかなりリアル…。

f:id:tcho5397:20160207134700j:plain

日本橋箱崎に来ると神輿が飾られていた。

f:id:tcho5397:20160207135003j:plain

箱崎には猫さまが居ると思ったが、この日出会いはなかった。

f:id:tcho5397:20160207140612j:plain

けれども吉田松陰像があった。

ネットから引用〜〜〜

  吉田松陰
 現在の水天宮ピットの場所が、旧東京市箱崎尋常小学校として使われていた昭和12年(1937)の末、当時6年生の児童であった岩井光子さんが病気で亡くなった。
 光子さんは成績優秀なうえ、特に吉田松陰の生き方に深く感銘を受けており、亡くなる前に自分の貯金で、学校内に吉田松陰の銅像を立ててくれるよう両親に遺言を残した。
 両親は生活が苦しい中でこの遺言を実現し、昭和13年(1938)3月22日に除幕式が盛大に催された。当時この話は教育美談として東京日日新聞に表彰され、時の文部大臣東京市の関係者など多数が参列した。吉田松陰像は竹山蘭山が製作するとともに、話に感銘を受けた当時の海軍大将高橋三吉が台座の「松陰先生」の文字を揮毫した。
 昭和19年(1944)4月、小学校は全児童が戦火を逃れるため疎開したのち廃校となったが、吉田松陰像は同じ場所で日本橋箱崎町の変遷を見守り続けてきた。

 

f:id:tcho5397:20160207141106j:plain

 

f:id:tcho5397:20160207141251j:plain

    f:id:tcho5397:20160207151612j:plain

 

===本日の猫さま===

外神田にて

f:id:tcho5397:20160207163744j:plain

f:id:tcho5397:20160207164011j:plain

谷中にて

f:id:tcho5397:20160207182001j:plain

 f:id:tcho5397:20160207182123j:plain

お茶目な白黒猫さまがいた。。

 f:id:tcho5397:20160207182042j:plain 

それでは続きはまた来週。。)/