読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫好きのためのペパクラ日記

猫などのペパクラばかり作っています。接骨院もやっています。良かったら、接骨院のページも右下のリンク集からどうぞ。

3月20日 朝の大津の情景ほか と 3月13日の港区港南の猫さま

f:id:tcho5397:20160320064438j:plain

3月20日早朝琵琶湖ホテルから散歩に出た。

  f:id:tcho5397:20160320065249j:plain

   大工町という歴史を感じさせる地名があった。

f:id:tcho5397:20160320070128j:plain

  f:id:tcho5397:20160320070150j:plain

この日大津では猫さまに会えなかったが 個性的な置物が多数あった。

f:id:tcho5397:20160320070355j:plain

f:id:tcho5397:20160320070408j:plain

この黒猫ちゃんは特に可愛らしかった。。

  f:id:tcho5397:20160320071058j:plain

f:id:tcho5397:20160320071630j:plain

このおじさんもいい顔している

 f:id:tcho5397:20160320072002j:plain

 ホテルの目の前を京阪電車が走っている。

 カラーリングが豊富でしかもレトロ 見ていて楽しい電車だった。

f:id:tcho5397:20160320072254j:plain

ホテルの部屋から

  f:id:tcho5397:20160320082746j:plain

f:id:tcho5397:20160320090045j:plain

大津の駅前に立つ銅像  タオルを首にかけて両手で引っ張っているポーズは謎めいていた。  調べてみると「若鮎」という銅像だった。

ネットから引用〜〜〜

    若鮎によせて
 芸術は人生になくてはならぬ。
芸術を愛し、尊重する風習を
 大切にしたいものである。
  今、この「美」から、
   何を聴き 何を想う。
 人、それぞれの思いに委ねる。
時は一九八〇年、 春爛漫、
 市民の繁栄を祈って、
          建立する。

 

               なるほど人それぞれの感じ方で良いのであった。

 

f:id:tcho5397:20160320094018j:plain

大津から天下分け目の古戦場で有名な山崎へ移動。

  f:id:tcho5397:20160320094227j:plain

  ここでも可愛らしい置物があった。

f:id:tcho5397:20160320094233j:plain

                         つづく

 

===3月13日港区港南の猫さま===

f:id:tcho5397:20160313151011j:plain

3匹の猫さまがほぼ直線に位置している。と思ったら、奥からもう一匹

  f:id:tcho5397:20160313151037j:plain

f:id:tcho5397:20160313151043j:plain

ずんずんずんずん やってくる。。

f:id:tcho5397:20160313151053j:plain

途中で止まってあくびした。。

f:id:tcho5397:20160313151127j:plain

それでは続きはまた明日。。)/