読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫好きのためのペパクラ日記

猫などのペパクラばかり作っています。接骨院もやっています。良かったら、接骨院のページも右下のリンク集からどうぞ。

3月20日 京料理旅館「よ志のや」の夕食と狐の嫁入り & 港区の猫さま

f:id:tcho5397:20160320171548j:plain

円山公園の隣に「よ志のや」がある。早々に夕食を頂く。

f:id:tcho5397:20160320180000j:plain

蓮豆腐の上にのる土筆(つくし)が心憎い

   f:id:tcho5397:20160320180726j:plain

f:id:tcho5397:20160320180751j:plain

上に乗る桜鯛がまた春らしくて お味も良くて。。

f:id:tcho5397:20160320181332j:plain鴨鍋も上品なお味

f:id:tcho5397:20160320182515j:plain

 f:id:tcho5397:20160320183555j:plain

これは何と鰻の蒸物!下には桜の道明寺。このような鰻料理は初めてだ。

 

f:id:tcho5397:20160320184500j:plainサーモンに竹の子など

 

f:id:tcho5397:20160320190559j:plain

最初から最後まで最高のお食事でした。特にお魚料理のバリエーションに身体が喜んだ

   f:id:tcho5397:20160320191703j:plain

f:id:tcho5397:20160320194030j:plain

食後夜の通りへ   花灯路という光のイベントの最終日だった。

f:id:tcho5397:20160320194549j:plain

芸術系の学生さんたちが力を合わせて制作した作品もあった。

  f:id:tcho5397:20160320194736j:plain

f:id:tcho5397:20160320200358j:plain

円山公園内のライトアップもお見事。

 

宿の人に勧められた「狐の嫁入り」を見に来たのである。見ると幸せになれるとか。

f:id:tcho5397:20160320201801j:plain

知恩院から出発して高台寺まで練り歩く。

f:id:tcho5397:20160320201746j:plain

折良く小雨がぱらつき まさに「狐の嫁入り

f:id:tcho5397:20160320201903j:plain

春の宵 花灯路に照らされた僅かな灯りの道をお狐さまが嫁いでいく…。

まことに幻想的な古都に伝わるあやかしの世界にさ迷い込んだ。

f:id:tcho5397:20160320202647j:plain

どこかしら日本人の魂の深淵に触れたような気がした。

                            つづく

===3月13日港区の猫さま===

f:id:tcho5397:20160313151934j:plain

長く続けた港区のこの公園の猫さまも今回が最後。

 f:id:tcho5397:20160313151938j:plain

最後に健気な感じの三毛猫さまに出会った。。

f:id:tcho5397:20160313152035j:plain

f:id:tcho5397:20160313152046j:plain

この上下の二匹は出口まで付いて来てくれた。。。

  f:id:tcho5397:20160313152415j:plain

    それではまた明日。。)/