読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫好きのためのペパクラ日記

猫などのペパクラばかり作っています。接骨院もやっています。良かったら、接骨院のページも右下のリンク集からどうぞ。

4月3日 万世橋から千駄木まで猫さま歩き とその情景

f:id:tcho5397:20160403132349j:plain

万世橋のたもとで ハトさんも春の営みをしていた。

  f:id:tcho5397:20160403134244j:plain

f:id:tcho5397:20160403134404j:plain

f:id:tcho5397:20160403134623j:plain

湯島にて 

   f:id:tcho5397:20160403141459j:plain

この日は本郷にある東大の中を歩いてみた。

 f:id:tcho5397:20160403141225j:plain

f:id:tcho5397:20160403141545j:plain

物凄い跳躍力!! の女性がいた。。

f:id:tcho5397:20160403141722j:plain

  f:id:tcho5397:20160403142300j:plain

  工学部まで来るとほとんど人がいないけれど桜が綺麗に咲いていた

f:id:tcho5397:20160403142428j:plain

東大を出て本郷通りを北へ向かう。

 f:id:tcho5397:20160403142634j:plain

夏目漱石旧居跡があった。

f:id:tcho5397:20160403144122j:plain

ネットから引用〜〜〜

ここには、イギリスから帰国後の明治36年から3年間住んだ。
この間、東京大学英文科・第一高等学校の講師として活躍する一方、処女作『我輩は猫である』を執筆し、この旧居は作品の舞台となった。
『倫敦塔』『坊ちゃん』『草枕』等を次々に発表したところでもある。
なお、家屋は愛知県犬山市にある「明治村」に移築され公開されている。

【所在地】文京区向丘2-20-7

f:id:tcho5397:20160403144055j:plain

ここにはその後森鴎外も住んでいたことがあるそうで意外な接点に驚いた。

  f:id:tcho5397:20160403144245j:plain

夏目漱石の旧居跡のほど近くに猫さまがいた。。やはり猫さまが似合う町だ。

f:id:tcho5397:20160403144352j:plain

f:id:tcho5397:20160403144404j:plain

  f:id:tcho5397:20160403144510j:plain

f:id:tcho5397:20160403144512j:plain

この辺りはもう千駄木である。 千駄木も猫さまが多そうだ。。

f:id:tcho5397:20160403150843j:plain

これは!歌川国芳の描く猫さまのような…。 こういう表情は初めて見た

f:id:tcho5397:20160403150908j:plain

それでは続きはまた明日。。)/