読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫好きのためのペパクラ日記

猫などのペパクラばかり作っています。接骨院もやっています。良かったら、接骨院のページも右下のリンク集からどうぞ。

ロイスダールのワイク・バイ・ドゥールステーデの風車模写

   f:id:tcho5397:20140802192946g:plain

 

ウィキペディアより引用〜〜

ヤーコプ・ファン・ロイスダールJacob Izaaksz van Ruisdael1628年頃 - 1682年3月14日)は、17世紀オランダ画家

レンブラントフェルメールが活躍した17世紀は、オランダ絵画の黄金時代と言われ、他にも多くの優れた画家が輩出した。こうしたオランダ絵画の黄金時代において、もっとも重要な風景画家と見なされるのがヤーコプ・ファン・ロイスダールである。

 

ロイスダールは森林、海岸、田舎道などさまざまな風景を描いているが、国土が平坦で起伏の少ないオランダの風景においては、必然的に空と雲が重要な要素になる。彼の風景画は、地平線を低めにとって、さまざまな空と雲の表情を描写し、光と大気の効果を追求したものが多い。

 

    f:id:tcho5397:20140802193433p:plain

 

これは、数週間前に描いたものです。。

風景画の模写は初めて挑戦しましたが、雲の表現が難しかったですね。 

調べてみるとやはり、ロイスダールは空と雲の表現にこだわっていたのですが

力及ばず、雲の表現は今後の課題であります。

最近は本業に本腰を入れねばならず、本格的な模写はしばらく出来そうにない状況ですが、いずれまたリベンジしたいなと思います。。

 

それでは、皆様良い週末を

また来週 。。)/