読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫好きのためのペパクラ日記

猫などのペパクラばかり作っています。接骨院もやっています。良かったら、接骨院のページも右下のリンク集からどうぞ。

4月3日 江東区毛利から神田須田町までの猫さま歩き とその情景

パワースポット 動物 猫さま 街歩き 風景 電車など イベント

f:id:tcho5397:20160403112953j:plain

江東区のさる公園にて

f:id:tcho5397:20160403113116j:plain

最初はかなり睨まれたが 最後はウインクされた?……

 f:id:tcho5397:20160403113516j:plain

f:id:tcho5397:20160403113211j:plain

錦糸町に向かう。

f:id:tcho5397:20160403115021j:plain

去年の真夏の夜に沢山の子猫と親猫が居たのだが、ある日を境に急に居なくなり心配して時折訪ねていた。この日ようやく少し離れた場所でフェンスの向こうに何匹も居るのを見つけてホッとした。

 f:id:tcho5397:20160403115115j:plain

f:id:tcho5397:20160403115051j:plain

あの時の子猫であると思いたい。

f:id:tcho5397:20160403115409j:plain

錦糸町から両国へ向かうと「長谷川平蔵の旧邸」の看板があった。「入江町」である。

f:id:tcho5397:20160403120131j:plain

両国公園では桜まつりとともに勝海舟生誕の地のパネルなどのリニューアルを記念したイベントをやっていた。下の写真左隅で挨拶をしている方が勝海舟のひ孫さんだった!

f:id:tcho5397:20160403122140j:plain

この公園のそばにいる「カノン」は雨のせいか不機嫌そうだった。

f:id:tcho5397:20160403122537j:plain

f:id:tcho5397:20160403123811j:plain

両国橋からみる柳橋 神田川が隅田川のここに開口する。

f:id:tcho5397:20160403123945j:plain

 f:id:tcho5397:20160403124029j:plain

 ゴジラと言われればそのように見えてくるような気がする…

f:id:tcho5397:20160403124233j:plain

f:id:tcho5397:20160403124615j:plain

神田川沿いに歩く。     

f:id:tcho5397:20160403131416j:plain

須田町にて

f:id:tcho5397:20160403131420j:plain

 

f:id:tcho5397:20160403131646j:plain

ネットから引用〜〜〜

「おたぬきさん」として愛されている「福寿神」が境内に鎮座している。

徳川五代将軍綱吉公の頃に将軍のご生母である桂昌院によって江戸城内に福寿いなりとして創建。

桂昌院は京都堀川の八百屋の娘であったが、春日局に見込まれ、三代将軍家光の側室となり五代将軍綱吉公のご生母となった。

大奥の女性の多くは「他を抜いて(たぬき)玉の輿にのった桂昌院の幸運」にあやかりたい、こぞって「おたぬきさま」を崇拝したという。

のちに元倉前甚内橋際の向柳原の御旗本であった瓦林邸内に祠が移され、明治二年に柳森神社に合祀された。

 

個人的に随分たぬきの置物を追いかけているが、信楽焼の歴史より古いたぬき信仰の証拠を得たのは初めてで嬉しい。私の勘ではさらに古い歴史があると睨んでいる。

f:id:tcho5397:20160403131452j:plain

   それでは続きはまた明日。。)/